森法律事務所

当事務所は受任事件の9割が家事事件関連です。

一度ご相談においでいただければ、直ぐに他の法律事務所とのレベルの違いが分かります。

実は、遺産分割実務に精通している弁護士は、少数です


 

1 家事事件取り扱い件数 300~400件

家事事件を常時300件以上扱い、400件ちかくになることもあります。

このうち遺産相続紛争事件は、約100件です。

これだけの件数を扱っている事務所は、国内には、そうないはずです。

2 家裁の内部基準に精通した豊富なノウハウ

遺産分割事件は、外部には明らかにならない内部基準が多数あります。

弊所は、圧倒的な処理件数から、このノウハウを豊富に蓄積しています。

事務所のQ&Aをご覧になれば、他の事務所とは異なる、そのノウハウレベルが

わかると思います。

3 高度の専門性

最初に、大体の見通しを開示します。

遺産分割基準は細かく決められており、これに精通していれば、大体、結論が予想

できる場合が多いからです。

(なかには予想できない案件もあります)

4 ナイター土曜相談の実施と明確でリーズナブルな料金体系

1、ナイターや土曜相談を実施しています。

2、法テラスを利用される方は無料相談が可能です。

3、受任にあたり、必ず委任契約を締結し、かかる費用総額をお知らせします。

5 男性弁護士8名と女性弁護士8名が対応

代表・副代表の元、事件の特性に応じて単独で、あるいは複数で事件を担当したり、

男女でチームを組んだりします。

 



離婚・相続弁護士の日々雑感ブログ

家事事件に関する、より詳細な、より新しい情報が満載!月間アクセス1000人以上

最新記事のみ2件を表示しています


面会交流阻害の原因
〔面会交流の難しさ〕面会交流事件を多数扱っていると、この問題が単純に割り切れない、難問中の難問であることがわかる。世間では、面会交流を認めるべきか否か、面会交流は権利か否かという単純な問題提起がされているが、現場を知らない人の意見であり、問題提起そのものが間違えている。面会交流は認めるべきか否かではなく、どういう場合に、どのように認め、どういう場合に認めないか問題なのだ。しかも、これを単純に類型化できない点に難しさがある。ちなみに、最近は、面会させない親に対し、千葉の松戸で...
>> 続きを読む

配偶者に対する贈与と持ち戻し免除の意思表示
特別受益があるときは、持ち戻し免除の意思表示が問題になることは、弁護士のどのホームページにも記載されている。持ち戻し免除が遺言等で明示されているときは問題にならないが、遺言書がなくとも、黙示の意思表示の存在を真剣に争ってくる当事者がいる。
>> 続きを読む