森法律事務所から一言

遺産分割に関し、遺言の解釈をめぐってトラブルになることがあります。

最高裁判例の原則を踏まえて解釈する必要があります。

 


遺言解釈 Q&A

遺言に「賃貸住宅マンション一棟を兄に相続させる」と記載されていますが、住宅建設のためのローンは、何も触れていません。ローンは、全相続人が相続しますか?
最高裁判例の解釈原則にのっとれば、原則としてお兄さんが相続します。
ローンを組んで貸家や住宅を建てたが、完済しないうちに遺言者が死亡。
遺言では、その家は、相続人の一人に相続させると記載してあるが、その家を建てるためのローンには、一言も触れていない。こういう遺言が結構あります。
これについては、記載がない以上、全相続人が負担すべきだという意見もありますが、 原則として、お兄さんがローンも相続すると解釈することになります。
これは、最高裁が、
「遺言の解釈にあたっては、遺言書の文言を形式的に判断するだけではなく、」「遺言書の全記載との関連、遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などを考慮して遺言者の真意を探求し当該条項の趣旨を確定すべきである」
と判示しているからです(最判S53・3・18)。
当該建物とその建設のためのローンは、経済的に一体不可分ですから、家を相続させる以上は、そのためのローンも、お兄さんに相続させるのが遺言者の真意だと解するのが自然でしょう。「家を兄に相続させるが、そのローンは、全相続人に相続させる」とするのは、遺言者の意思解釈としては極めて不自然です。
遺言の解釈は、どのようにすればよいのですか?
文言の形式ではなく真意をくみ取ることです。
最高裁は、遺言の解釈について、おおむね、以下の通り述べています。
1、遺言書の文言を形式的に判断せず、遺言者の真意をくみ取りなさい。
2、遺言書の記載自体から真意を合理的に解釈できる場合は、その解釈を優先
  させなさい。
3、そうでない場合は、遺言書の全記載との関連、遺言書作成当時の事情、遺言者
  の置かれていた状況などを考慮して、遺言者の真意を解釈しなさい。