森法律事務所

当事務所は受任事件の9割が家事事件関連です。

一度ご相談においでいただければ、直ぐに他の法律事務所とのレベルの違いが分かります。

実は、遺産分割実務に精通している弁護士は、少数です。


 

1 家事事件取り扱い件数 300~400件

家事事件を常時300件以上扱い、400件ちかくになることもあります。

このうち遺産相続紛争事件は、約100件です。

これだけの件数を扱っている事務所は、国内には、そうないはずです。

2 家裁の内部基準に精通した豊富なノウハウ

遺産分割事件は、外部には明らかにならない内部基準が多数あります。

弊所は、圧倒的な処理件数から、このノウハウを豊富に蓄積しています。

事務所のQ&Aをご覧になれば、他の事務所とは異なる、そのノウハウレベルが

わかると思います。

3 高度の専門性

■森法律事務所は、多数の専門書を森法律事務所の出版物として出版しています。以下の書籍は、いずれも、弊所所属の弁護士の執筆のみで出版された書籍等です。

森法律事務所の出版物

 

 

■最初に、大体の見通しを開示します。

遺産分割基準は細かく決められており、これに精通していれば、大体、結論が予想

できる場合が多いからです。

(なかには予想できない案件もあります)

4 ナイターや土曜相談の実施と明確でリーズナブルな料金体系

1、ナイターや土曜相談を実施しています。

2、法テラスを利用した受任(※注)も可能です。

  (※注) ご参照 http://www.houterasu.or.jp/nagare/faq/index.html#step3

3、受任にあたり、必ず委任契約を締結し、かかる費用総額をお知らせします。

5 男性弁護士9名と女性弁護士7名が対応

代表・副代表の元、事件の特性に応じて単独で、あるいは複数で事件を担当したり、

男女でチームを組んだりします。

 



離婚・相続弁護士の日々雑感ブログ

家事事件に関する、より詳細な、より新しい情報が満載!月間アクセス1000人以上

最新記事のみ2件を表示しています


重度の認知症高齢者が損害を発生させた場合、後見人や親族は賠償責任を負うか?「家単位」と「個人単位」説
民法713条は、「精神上の障害により自己の行為の責任を弁識する能力を欠く状態にある間に他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない。ただし、故意又は過失によって一時的にその状態を招いたときは、この限りでない。」と規定し、同714条では、「前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生...
>> 続きを読む

療養看護型寄与分の認定その2 寄与分の認定方法
療養看護の必要性まず療養看護型寄与が認定されるためには、療養看護の必要性を立証する必用がある。理屈から言えば、病気とか障害があり、介護しなければ生活できなかったということ、他に介護する相続人がいなかったことを証明する必用がある。ただ単に認知症だったとか鬱病だったとか、そういう診断書を出して終了という弁護士さんが多いが、診断書だけでは療養看護の必要性があったのか否かわからない。ここはきちんと証明する必用があるが、実務上は、この必要性の有無が争われる事は少ない。たいていは、相続人間...
>> 続きを読む