森法律事務所

当事務所は受任事件の9割が家事事件関連です。

一度ご相談においでいただければ、直ぐに他の法律事務所とのレベルの違いが分かります。

実は、遺産分割実務に精通している弁護士は、少数です。


 

1 家事事件取り扱い件数 300~400件

家事事件を常時300件以上扱い、400件ちかくになることもあります。

このうち遺産相続紛争事件は、約100件です。

これだけの件数を扱っている事務所は、国内には、そうないはずです。

2 家裁の内部基準に精通した豊富なノウハウ

遺産分割事件は、外部には明らかにならない内部基準が多数あります。

弊所は、圧倒的な処理件数から、このノウハウを豊富に蓄積しています。

事務所のQ&Aをご覧になれば、他の事務所とは異なる、そのノウハウレベルがわかると思います。

3 高度の専門性

■森法律事務所は、相続や離婚問題等に関する多数の専門書を、森法律事務所の出版物として出版しています。以下の書籍は、いずれも、弊所所属弁護士の執筆のみで出版された書籍等です。またいわゆる自費出版は含まれておりません。

 

すぐに役立つ 図解とQ&Aでわかる遺産分割、紛争解決、財産評価、税金対策まで 最新 相続・遺言をめぐる法律と税金 トラブル解決法129

                       

図解で早わかり 改正対応! 最新 相続・贈与の法律と税金

                         

図解 最新 相続・贈与・財産管理の法律と税金がわかる事典

                       

              森法律事務所の出版物のご案内

 

■最初に大体の見通しを開示します。
遺産分割基準は細かく決められており、これに精通していれば、大体、結論が予想できる場合が多いからです。
(なかには予想できない案件もあります)

4 ナイター土曜相談の実施と明確でリーズナブルな料金体系

1、ナイターや土曜相談を実施しています。

2、法テラスを利用した受任(※注)も可能です。
(※注) ご参照 www.houterasu.or.jp/nagare/faq/

3、受任にあたり、必ず委任契約を締結し、かかる費用総額をお知らせします。

5 男性弁護士9名と女性弁護士8名が対応

代表・副代表の元、事件の特性に応じて単独で、あるいは複数で事件を担当したり、

男女でチームを組んだりします。

 



離婚・相続弁護士の日々雑感ブログ

家事事件に関する、より詳細な、より新しい情報が満載!月間アクセス1000人以上

最新記事のみ2件を表示しています


特別寄与  相続人以外の者の寄与と被相続人以外の者への寄与
特別寄与は、「相続人」の「被相続人」への寄与です。被相続人が財産を形成するのに特別な寄与がある場合に、その寄与分は遺産から取り除き、寄与者の固有取得分とし、のこりを法定相続分でわけましょうという制度です。このあたりは、かなり厳格に解されており、たとえば父の介護を一生懸命したけど、それが母の遺産分割で考慮されることはありません。しかし、全く例外がないかというと、そういうわけでもない。
>> 続きを読む

子の引き渡しを求める審判で考慮される要素
離婚問題で一番難度の高いのが面会交流と「子の引き渡し」を求める審判です。離婚だけなら大人同士の問題だけだが、この二つは「子供の心」が絡んできます。どの案件でも、絶対の「正解」がない。特に保全処分が申請されている場合、対象が子供であり、その子や家族の一生を左右することにもなりかねない。不動産や金銭なんかの仮処分と異なり、簡単には結論が出せない。しかし、時間をかけるわけにもいかない。担当される裁判官は、本当に大変だと思います。
>> 続きを読む